Brazil Santuario Sul Yellow Honey 100g

  • 1,188円(税88円)
Brazil Santuario Sul Yellow Honey

このサンチュアリオ・スルという農園は、コロンビア・サンチュアリオ農園のカミーロ・メリサルデ氏とブラジルカルモ・コーヒーのルイス・パウロ氏の共同プロジェクト農園として生まれました。

今回、サンチュアリオ・スル農園が新たに挑戦したのは、「ハニープロセス」。
ルイス・パウロ氏は、コスタリカから専門家を招いてこのハニープロセスを学びました。

ハニープロセスとは、コーヒーの精選方法のひとつです。

コーヒーチェリーの果肉を取り除いた後、コーヒー豆のまわりについたミューシレージ(ぬめり・糖分)を残したまま乾燥させます。
これによって甘みや果実感、独特のフレーバーがうまれます。このミューシレージという糖分をどれだけ残すかによって味も変わってくるのです。

サンチュアリオ・スル農園のハニープロセスは、熟度の高いチェリーのみをセレクトし、完熟のチェリーのみに徹底的に選別します。
この徹底した選別によってミューシレージ(糖分)の分厚いチェリーがセレクトされ、壊すことなく糖を発酵・結晶化させより熟度の高い風味や甘さの質感に変化を与えています。

「ブラジルのコーヒーは歴史も深く、世界のコーヒー生産を支えるコーヒー大国ですが、
より素晴らしいコーヒーを生産する為にはブラジルの生産者としてのプライドを捨てて他国から学ぶこともとても大切な事です。
コロンビアやコスタリカのパートナーから学ぶコーヒー生産手法は、多くの工夫と手間がかかりますが驚きの連続です。
しかし、こうして出来上がったコーヒーは、果実味に溢れ、新しい風味を享受しています。
ブラジルという枠に囚われることなく、これからも素晴らしいコーヒーを目指していきたいです。」
ルイス・パウロ氏

ルイス・パウロ氏とカミーロ・メリサルデ氏によって誕生したブラジルコーヒー。
カフェオロは、この素晴らしい甘味と酸味を活かすため、浅煎りに仕上げました。

アプリコットやオレンジのような甘みと酸味がまず現れ、そのあとキャラメルやはちみつを思わせる甘みとコクも増していきます。
どのフレーバーもとても綺麗に感じられ、良い品質がうかがえる1杯です。


フレーバー
アプリコット、オレンジ、甘い、キャラメル、はちみつ、ナッツ、ミルクチョコレート

アフターテイスト(余韻)
柔らかい、甘みと酸味


甘み ★★★★★
酸味 ★★★★★
苦味 ★☆☆☆☆
コク ★★★★☆
余韻 ★★★★★
焙煎 ★★☆☆☆(浅煎り)


生産国:ブラジル
生産地区:ミナスジェライス州カルモデミナス地区
農園:サンチュアリオ・スル農園
生産者:ルイス・パウロ&カミ―ロ・メリサルデ
標高:1,300-1,400m
品種:イエローブルボン
精選方法:イエローハニー
収穫年度:2019-2020
豆のまま
中挽き(コーヒーメーカー用)
中粗挽き(ハンドドリップ・フレンチプレス用)
細挽き(アイスコーヒー・濃いめが好きな方用)

豆の状態
豆のまま
中挽き(コーヒーメーカー用)
中粗挽き(ハンドドリップ・フレンチプレス用)
細挽き(アイスコーヒー・濃いめが好きな方用)
上部へ戻る