connect the world with coffee.

Monthly Coffee 今月のおすすめコーヒー “The Rwanda”

1,080円(税80円)

豆のまま
中挽き(コーヒーメーカー用)
中粗挽き(ハンドドリップ、フレンチプレス用)
購入数
Monthly Coffee 〜今月のおすすめコーヒー〜


月替わりで美味しいコーヒーをご紹介するマンスリーコーヒー。
深煎り、浅煎り、シングルからブレンドまで。
その時々のカフェオロお勧めのコーヒーをご紹介していきます。
(マンスリーコーヒーは数量限定となります為、売切れ次第終了となります。ご了承くださいませ。)


【10月】
The Rwanda

今月のマンスリーコーヒーは
再登場のアフリカルワンダ共和国のコーヒーです。

秋は美味しいスイーツ、甘いものがたくさん。

以外にも和菓子や抹茶に合うのが、このルワンダコーヒーです。

とろみのある甘みとレモンのような爽やかな酸味を持つこのコーヒー。
他のアフリカ産コーヒーとは少し違う独特の風味を持っています。

美味しい季節におすすめのルワンダコーヒーで、今年の秋を贅沢にお楽しみください。


安納芋や栗を思わせるとろみのある甘みと、レモンのような爽やかな酸味が調和します。
アフターでは少しほろ苦いグレープフルーツや、抹茶のようなニュアンス。
遠いアフリカの大地で育まれた、繊細かつ芳醇な味わいをお楽しみください。



【ルワンダの歴史】
ルワンダは、1994年の悲惨な出来事を乗り越え「アフリカの奇跡」と呼ばれる歴史的発展をとげました。

ルワンダにとってコーヒーは個々の農家の収入源であるばかりでなく、社会及び経済の発展に重要な役割を果たしてきました。
1994年のルワンダ大虐殺により一時生産量が激減しましたが、今では 40 万もの小さな農家がコーヒー栽培に携わり、それによる収入を得ています。

ルワンダは、「千の丘の国」と呼ばれ、国全体がコーヒー栽培に適した高地です。
現在は絶滅危惧種のマウンテンゴリラがたくさん暮らす、自然豊かな美しい国。
ルワンダ産コーヒーも、国を代表する農作物となりました。



フレーバー
レモン、栗、安納芋、とろみ、甘い、ウェハースチョコ、ほうじ茶、冷めると抹茶、クリーンカップ

アフターテイスト(余韻)
グレープフルーツ、抹茶



甘み ★★★★☆
酸味 ★★★★☆
苦味 ★☆☆☆☆
コク ★★★☆☆
余韻 ★★★☆☆
焙煎 ★★☆☆☆(浅〜中煎り)


生産国:ルワンダ共和国
標高:1,500~2,000m
品種:ブルボン
精選方法:ウォッシュ
収穫年度:2017~2018